子育て世代が注文住宅で失敗しないための応援サイト

マイホーム計画note

未分類

マイホーム計画での最重要項目はおかねの計画

投稿日:

住宅を購入するときに一番知りたいことって何ですか?と質問すると下のグラフのような回答があります。

皆さんはどんなことが一番気になりますか?

 

円グラフを見てもらうと一番多い悩みは資金の計画、住宅ローンのことが圧倒的です。

家を買う決断をするときには、様々な重圧が襲い掛かってきます。食べ物や服を買うような金額ではないので当然ですよね 😯

資金計画で注意しなければいけないのは、家を建ててからの生活においても支障がない額にしなければいけません。

金融機関が知りたいあなたのこと

住宅ローンは誰でも、いくらでも借りることができるというわけではありません。

あなたがお金を貸す立場なら、信用力があってきちんとお金を返してくれる人に無理のない金額しか貸したくないと思います。

金融機関によって条件は様々ですが、住宅ローンを借りる前の事前審査で確認される項目を見てみましょう。

・勤務先 勤続年数 勤務形態

・年収

・他の借入の状況

・延滞等がないかどうか

これらの項目をもとに審査をされます。

年収によって住宅ローンの借入額は制限されます。

すこし難しい言葉ですが、返済負担比率というものがあります。

これはあなたの年収のうちのローン返済額の割合のことです。

実際は金融機関によって異なりますが、大きくずれることはないので目安として見てみましょう。

そして一つ大きなラインがあります。

それは年収が400万円を超えているかどうか。

400万を超えていると35%が上限。

400万以下だと30%が上限となります。

上限を計算してみるとこのようになります。

例:年収400万円×35%=140万円÷12ヵ月=11万6,666円(毎月の返済額の上限)

例:年収350万円×30%=105万円÷12ヵ月=8万7,500円(毎月の返済額の上限)

つまり年収によって月々の返済上限が変わってきます。

350万円×返済比率30%÷12ヵ月=月々87,500まで

400万円×返済比率35%÷12ヵ月=月々116,666まで

450万円×返済比率35%÷12ヵ月=月々131,250まで

500万円×返済比率35%÷12ヵ月=月々145,833まで

550万円×返済比率35%÷12ヵ月=月々160,416まで

600万円×返済比率35%÷12ヵ月=月々175,000まで

700万円×返済比率35%÷12ヵ月=月々204,166まで

これが年収からみた返済負担比率の上限となります。

いやこんな月々の返済はしんどいですよね。

 

いくら借入できるのか?審査金利4%の場合

実際の金利と金融機関用の審査金利というものは違います。

変動金利でローンを借りる場合など、実際の金利は1%だったとしても審査金利では3%とか4%で計算します。

多くの銀行が4%で計算していますので4%で計算してみます。

金利電卓を使ってみると以下のようになります。

式:年収×返済比率÷100万円あたりの審査金利で計算した額÷12カ月×100万円

※期間35年(420ヵ月) 審査金利4%の金融機関の場合

年収300万円 借入可能額16,941,495円

年収400万円 借入可能額26,353,437円

年収450万円 借入可能額29,647,616円

年収500万円 借入可能額32,941,796円

年収600万円 借入可能額39,530,155円

年収700万円 借入可能額46,118,515円

あまり借りれないじゃないか!と思われたと思います。

今の変動金利は1%を下回っていますが、変動金利が仮に4%まであがっても大丈夫なように、金融機関は審査金利を高めにして計算するんですね。

 

いくら借入できるのか?適用金利で計算できる場合

次にフラット35などの全期間固定金利で計算した場合を見てみます。

※期間35年(420ヵ月) 適用金利1.56%の場合(29年3月時点 10割融資)

年収300万円 借入可能額24,263,992円

年収400万円 借入可能額37,743,987円

年収450万円 借入可能額42,461,986円

年収500万円 借入可能額47,179,984円

年収600万円 借入可能額56,615,981円

年収700万円 借入可能額66,051,978円

民間の金融機関の審査金利4%と比べるとかなり借入可能額が伸びましたね。

※フラットでなくて民間の金融機関でも固定金利を使う場合は、審査金利ではなく適用金利で計算してくれるところもあります。

 

しかし!借りれる額と返せる額は違ーーう!

年収450万円で4200万円くらい借りれるぜ!と喜ぶのは早いです。

4200万円を35年間金利1.56%で借りると・・・月々の返済額は129,835円になります。

年収から考えると負担がかなり大きく生活が苦しくなると思います。

家を建てたが故に生活に余裕が無い状況って最悪だと思います。

借入額毎の月々の返済額をまとめますのでこちらを参考にしてくださいね。

 

まとめ

家の計画がはじまると、ついつい予算が頭からぽーんととんでしまう方がいます。

あれもつけたい、これもつけたい。この土地の方が良い、もっと大きな家を!

なんて理想ばかり膨らんで、住宅会社にもいいですねぇ!やりましょう!

って悪魔です。

借りれる額と返せる額は違います。

低金利のメリットは大きいです。だけれども一番重視したいのは、月々の返済額をいくらまでに抑えるのかということを決めることです。

月々の返済額の上限が決まると、そこから逆算して、借入額、土地、家の大きさを現実的に決めていくことができますよ。

-未分類

Copyright© マイホーム計画note , 2020 All Rights Reserved.